飛田新地の遊び方ガイド

管理人の趣味で飛田新地の遊び方や体験談を紹介してます

よくある質問

飛田新地の4つの通りとその特徴とは

2016/12/03

一言に飛田新地というが、そこには4つの通りがある。

map

一番北側にある通りが青春通りと呼ばれる通りで、若くて可愛い姫が揃っていると評判の通りである。その次にあるのがメイン通りだ。こちらは店が最も多い通りであり、もちろん若くて可愛い姫が揃っている。

そこから店は少ないが最も大きい飛田大門通りがある。その南に2本あるのが妖怪通りである。ここは年金通りと呼ばれることもある。マニア向けやシニア向けの姫が揃っているとおりである。

青春通りやメイン通りにはどんな姫がいるの?

一般的な美的感覚の持ち主であれば、青春通りやメイン通りで遊ぶことをオススメする。

実際に姫を見ることができるのが飛田新地の大きな特徴のひとつである。つまり、パネルマジックは存在しないのだ。もちろん、化粧や照明によって、実際に部屋でふたりきりになると、思っていた顔とちょっと違うこともある。だが、そんなものは誤差の範囲である。

スタイルや見た目の良さを求めるのであれば、青春通りやメイン通りで遊ぶべきだろう。30分21000円で遊ぶことができる。財布の中身と相談する必要はあるかもしれない。

また、選ぶ際に気をつけたいのは、愛嬌があるかどうかである。笑顔だ。飛田新地では姫がこちらに直接声をかけてくることはできない。なので手を振ってきたり、ニコニコと笑ってきたりすることでアピールしてくれるのだ。それを全くしない姫もいる。この辺りはきちんと見極めておいた方がいいだろう。

アピールをしてこない姫は、いわゆる地雷であることが多い。高い金を払って、それでマグロを抱くなんてことになったら、悔やんでも悔やみきれないものだ。どんなに見た目が良くても、飛田新地にまで来て人肌のダッチワイフを抱きたがる男はいないだろう。

そこだけ気をつけておけば、飛田新地を悔いなく楽しむことができるはずだ。

それじゃ妖怪通りにはどんな姫がいるの?

青春通りやメイン通りで頑張っていたとしても年を食った姫は、どんどん中心地から追いやられていくことになる。それが飛田新地の文化である。妖怪通りは、そんな街の外縁部にあるのだといっても過言ではないだろう。もちろん、若くとも、最初から妖怪通りに来てしまう姫もいる。

いわゆるブス専、デブ専、老け専でなければ、お好みの姫は妖怪通りにはいないだろう。他に妖怪通りをオススメできる人は、女は穴があればいい、とにかく安く女を抱きたい人である。青春通りやメイン通りで値切りをすれば白い目で見られるものだが、妖怪通りではそういうことをする人もいる。その程度の見た目の姫しかいないのだ。

だが、値切った場合、姫のサービスは当然悪くなる。地雷ではない姫だって地雷になってしまうことはある。マグロを抱いてもいい、安くてヤラせてくれるならなんでもいい。そんな人ならば、妖怪通りを試してみてもよいのではないだろうか。

-よくある質問