飛田新地の遊び方ガイド

管理人の趣味で飛田新地の遊び方や体験談を紹介してます

よくある質問

飛田新地の別名妖怪通りとは?

2016/12/03

妖怪通りと呼ばれるふたつの通り

kakudai

↑(クリックで拡大します)

一般的に飛田新地で遊ぶのは、青春通りとメイン通りだ。可愛い姫が揃っており、店の数も多い。お値段はそこそこに高級だが、ハイクオリティな姫ばかり。納得の金額である。しかし、飛田新地には4つの通りがあり、のこり2つの通りがある。

そこが妖怪通りである。

妖怪通りとは、その名の通り、姫のクオリティが妖怪クオリティばかりなのである。老いさらばえた姫もいれば、たっぷりと脂肪を溜め込んだ姫もいる。面白半分でひやかしに前を通る客もいるにはいるが、遊びに入る客はめったにいない。

それが妖怪通りである。

でも、それでも利用客はやはりいるものだ。果たして、どんな利用客がいるのだろうか。妖怪通りにある利点とはなんなのだろうか。

 

そんな妖怪通りの利点とは

まずは、女は穴があればいいという、妖怪でも気にしない人間である。

妖怪通りの唯一の利点のひとつに、飛田新地でありながら料理屋の値段が安いことがある。さらに値切ることも可能だ。お安く姫と遊びたいのであれば、妖怪通りの利用を考えるのはアリだろう。さらにもっと安く済ませたいと思うなら、いわゆる出会い系サイトを利用するのも一つの方法である。

また特殊な性癖の人たちにもオススメだ。妖怪通りであっても、飛田新地は飛田新地。姫の顔をきちんと見ながら選ぶことができる。自分の趣味にあった姫を探す上で、自身がデブ専やブス専である自覚があるなら、まずは妖怪通りから巡ってみるのもありである。

しかし、妖怪通りには、かつては若くて美人だったが老いてしまった姫もいる。そういう熟女好きもまた、オススメなのが妖怪通りである。青春通りやメイン通りで活躍していたが、年をとるとともにどんどん店を移らされていき、妖怪通りに流れ着くのだ。

妖怪通りで働いている姫の客には、青春通りやメイン通りで通っていた客も多い。長く働いている姫には、その分、恋愛をした回数も多くなる。情がうつるのだろう。そうやって、情がうつれば、姫の愛嬌もどんどん良くなる。

移り変わりの激しい業界であり、同じ姫のところに通い詰めることは難しい。その分、色んな姫との恋愛を楽しめるのはよいことであるのだが。

姫によっては、LINEやメールを交換することができる。もちろん、店舗外での恋愛に発展する可能性は感じないほうがいい。だが店舗での恋愛は捗ることになる。通いつめて、他の姫では楽しめないことまで楽しんでしまうのも、ひとつの遊び方である。

自分なりの姫遊びを見つけられるのも、飛田新地の楽しさのひとつだ。ぜひとも自分なりの姫遊びを見つけてほしい。

-よくある質問